1. HOME
  2. ブログ
  3. 住吉神社ビアテラス(2016.8)

住吉神社ビアテラス(2016.8)

2016年 夏

歴史文化を感じる景観が色濃く残る篠山でも

指折りの歴史的建造物が残る、篠山市福住地区。

その中でもランドマークとなっている、

住吉神社をお借りして行われたビアガーデンに行ってきました。

 

dsc_6865

神社の社務所にて、カエルと鈴虫のBGMを聞きながら。

 

 

この神社には、重森美玲氏が作庭した枯山水の庭園があります。

 

夜にはライトアップされ、幻想的な空間に。

未定ですが、来年も8月末に開催を予定しているとのこと、
地元の人も、篠山市外の人も参加できるイベントです。

 

dsc_7012-1

ライトアップされた重森美玲氏作庭の庭園

 

地元の有志で開催した、特別な企画。

 

 

この企画は、丹波エリア初の篠山地ビール

ZIGZAGブルワリーさんをはじめ、地元の有志で構成された運営メンバーで開催されました。

神社 × 地ビール × 田園風景

なんて、ちょっと普段では触れることのできない非日常空間ですね。

こんな風に、新しいと古いものが融合された企画が開催されるのも、丹波篠山ならではなのかなと。

 

dsc_6884

めったに飲むことのできない、丹波篠山ZIGZAGブルワリーが4タップのラインナップ。みなさん並んで飲んでおられました。

 

ZIGZAGブルワリーさん以外にも、地元の移住者さんで

飲食店を開業された人や、無農薬の農家さん、

陶芸家さんに地域おこし協力隊員などなど。

みんなで住んでいるまちだから

みんなで楽しくしていこう。

娯楽がなければ作っていこう。

また、誰かが来たくなるおもてなしをしていこう。

そんな素敵な印象を感じる空間でした。

 

dsc_6799-1

地元でがんばるみなさんのお料理やブースが出来上がっていきます。

 


地域の素敵な場所、これからも素敵であってほしいから。

 

結果的に、地域内外から人が集まるイベントとなった住吉神社ビアテラス。

地元の人も参加して、

「ここは祭りの時だけ開かれる場所なんやでえ」

と地域外から来られた方ともお友達になったり

dsc_6896

ライトアップの時を、地元の人も一緒に見守ります。

 

こうやって脈々と受け継がれてきたこの場所があるから、

素敵な企画が生まれて、地域のみならず色々な方が特別な時間を過ごすことができる。

地元の人も守りたい場所。

お客さんとして来られた方にとっては、

ほんの少し懐かしくなる、また行きたい場所。

そんな風になっていくのかなあと感じていました。

 

dsc_7038-1

地元のビール・地元の神社・地元の人たちと。

 

受け継がれる伝統に、少しだけ触れる時間を。

 

こんなコンテンツも。

日が落ちて辺りが暗くなった頃に、

実際にこの住吉神社で毎年行われる例祭「水無月祭」で

奉納される打ち込み囃子が演奏されました。

 

 

dsc_6920

打ち込み囃子がはじまります。

 

dsc_6941

鼓や三味線・胡弓の音色が響きます。

 

 

この空間の幸せを、何と表現したら良いのだろう。

夏の薄暗い涼やかな日に、和楽器の生演奏。

地ビールを片手に豊かな生き方を感じさせられたイベントだったなあ。

あまり知られていませんが、大阪・京都・神戸から

噂を聞きつけて来られた方もいらっしゃいました。

 

住吉神社の庭園のライトアップを観ることができるのはこの日だけ。

また来年の情報はこちらのブログでも発信していきます。

 

dsc_7025

特別で、贅沢な、オンリーワンの体験を。

 

関連記事

2016年12月
    4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー